博多駅筑紫口から徒歩1分の皮膚科・美容皮膚科・形成外科

クリニック案内タイトル

尋常性乾癬の患者さまへ

当院では尋常性乾癬の患者さまにご協力いただき、新しい内服のくすりを開発する治験を行っております。
治験等を、ご希望の方は是非ご連絡ください。

尋常性乾癬とは

乾癬とは、30~50歳代に好発する病症を伴う角化症です。
現状は銀白色のりんせつ(皮膚のふけのようなもの)をともなう輪郭のはっきりした紅斑(こうはん)が
四肢、体幹(たいかん)、頭部などにできます。

この治験に参加いただける方

  1. 尋常性乾癬と診断された方
  2. 20歳以上の方

この他にも治験に参加いただくための基準があります。
患者さまによっては治験に参加いただけない場合もございますので、予めご了承ください。

治験とは

治験とは、開発中のくすり(医薬品)を患者さまに使用して頂くことで、その有効性や安全性を確認し、厚生労働省から医薬品としての承認を得るために行う試験のことをいいます。

詳しくは下記の連絡先までご相談ください。

お電話でもご連絡いただけます。

092-474-5123(医療法人 駅東ひふかクリニック 皮膚科)
院長 江上 由利子